2013年01月17日

あけましたね

 やあ、年があけましたね。今年もよろしくお願いします。
 新年早々実家に帰ったら、遊びに来ていた姪がろくに挨拶もせず、
「ねえねえ、めぐちゃん、メルルって知ってる?」
 と聞いてきやがりました。
 めるる?
 ……メモルの間違いか? とんがり帽子をかぶったおしゃまなチビのことか? しかし、いくらなんでも古すぎる。いや待て、実家はケーブルテレビを入れてる、古いアニメなんかいくらでもやってるはずだ。しかし、マニアックすぎる。
「あのね、作中作のアニメでー、絶対めぐちゃんなら知ってると思うんだ−。原作は小説でー、登場人物がコスプレしてー、それが可愛くてー」
 とゆーことは同ジャンルか? あ、待てよ。私は記憶の網をたぐり寄せた。
「あー、俺の妹、かな」
「そうそう! めぐちゃんオタクだもんね、絶対知ってると思ってた!」
 いや、ホント偶然に見ただけなんだヨ。授乳のときに真夜中暇だから見たテレビがそのシーンだっただけなんだヨ。夜中のアニメはほとんど見たことないんだヨ。夕方のアニメも朝のアニメも見てないんだヨ。我が家では一日3時間「ひつじのショーン」が流れっぱなしなんだヨ。録画したって見る時間はないんだヨ。子供を持つ母親なんてそんなものさ。
 大体、私はオタクじゃない。オタクってのはもっとすごいんだぜ。私もなにかのオタクだったらよかったのにと、いつだって思っているのだけど、早々なれるもんじゃないんだよ。と姪に説教してみるも、今ひとつ理解してくれませんでした。
 二年前のアニメを喜々と語る姪っ子、この間まで「ちゃお」とか読んでたくせに、「フェアリーテイル」の画集を買って喜んでいる辺り、まさに厨二病予備軍ですな。あ、本当に今年中二か。
「めぐちゃん、なにかおもしろい本ない?」
「私の本読め、すっげえおもしろいよ」
「漫画貸して」
 くそう、OL進化論を全巻貸してやる。

 ところで、オタクと聞いて私が思い浮かべるのは友野詳氏なのだが、彼を基準にするとハードルが高すぎるよな……

********

天海月船 終わりの始まり4」更新しました。バカ二人が会ってます。同じバカでも淳の方が書きやすいです。



posted by こばめぐ at 02:31| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中学生の頃にはまっていた極東シリーズを30過ぎた今になってまた買い直して読ませて頂きましたが、やっぱりおもしろいですね。
京都編の独特の世界観が特に好きで何度も読み返してしまいました。
初コメントさせていただきましたが今後も素敵な作品を期待しております。
Posted by miamo at 2013年01月27日 02:13
はじめまして、再読ありがとうございます〜!
極東ですか、さすがに何年も読み返してないですねえ。気の毒な五月の話は最近読んだばかりですが。
これからもよろしくお願いしますっ。
Posted by こばめぐ at 2013年01月28日 16:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: